キレイな腸についてまとめています!
  1. 腸内環境を整える「腸活」で便秘を解消!

腸内環境を整える「腸活」で便秘を解消!

腸内環境を整える「腸活」で便秘を解消!

「キレイな腸」ってどんな腸?

腸をキレイにしておくと健康にも美容にもいい!って聞いたことありませんか?

腸の中なんて見えないんだから・・・と思ってしまうかもしれないけれど、この「キレイさ」は腸内の菌のバランスによって保つことができるんです。

そもそも人間の身体の中にはたくさんの菌が存在しています。菌と聞くと悪いイメージが多いので、それって大丈夫なんだろうかと心配になってしまいますが、菌にも身体にいい働きをしてくれるものがあるんです。

腸の中にいる菌は大きく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類にわけることができます。働きは名前の通りですが、美容や健康にいい影響を与えるのが善玉菌。逆に体調を悪化させたり老化を早めたりするのが悪玉菌。そして日和見菌は善玉菌と悪玉菌で勝っている方に加勢をします。

さっき菌のバランスと言ったのはこの3種類のバランスのことで、善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7になっているのがいい腸内環境といわれています。大事なのは善玉菌が悪玉菌よりも優勢なこと。善玉菌には美肌に効果的な栄養素を作ったり、悪玉菌を抑える力があります。腸内環境を整える「腸活」をしていくには善玉菌を増やすことが何より大切なんです。

腸にかかる負担を減らせば善玉菌が増える

しかし、バランスを整えるとはいってもどうしたらいいんでしょうか。腸内環境を整えるにはヨーグルトなどで乳酸菌を摂ることが真っ先に思い浮かびます。でも体調の悪化を感じて乳酸菌を摂るようにしても、なかなか効果を実感できないことも多いと思うんです。

そんな人は日頃の生活の中で腸に負担がかかってしまっているのかもしれません。腸の機能は加齢とともに低下していきます。30歳を過ぎて衰え始める腸は40代になると20代の70%程度の機能しか発揮できません。それなのに若い頃と同じ食生活を続けていたりしたら腸の負担は増す一方です・・・。

なのでまずは腸にかかる負担を減らすことを考えましょう。消化を助けるためによく噛んで食べることを心がけたり、食事の内容を見直して消化しやすいものにすることも大切です。また、腸のぜんどう運動を助けられるように日常生活の中でウォーキングくらいの軽い運動でも取り入れていくことも有効ですよ。

「キレイな腸」は便が違う!

対策を取って少しずつ改善してきたら、それは便の調子に表れてきます。腸がキレイな状態に保たれていれば、便は毎日1~2回は排泄されます。排便量についてはバナナ1本分、140g程度が1日に理想的といわれています。ただしこれは食物繊維を多く摂取していると多くなっていくことがあります。

また、便の色も腸の状態を示す重要なお便りです。腸内環境が良好なら便は黄色っぽくなります。茶色や黒など、濃い色になっている場合は肉や魚などの脂肪類が多すぎる可能性があります。

ほかに形や臭いも大事なサインになります。上でバナナくらい、と書きましたがウサギの糞のようにコロコロとした小さなものや、水っぽい下痢はあまりいい便ではありません。これらは胃の調子が良くなく、消化吸収がうまくいっていません。この状態だと消化しきれなかった食べ物の腐敗菌が増殖し、悪臭のもとにもなるんです。

こうした異常がなく、健康な状態の便が排泄されているなら腸がキレイになってきている証拠。日々の変化を楽しみながら腸活を進めていけるといいですね。

便秘によく効く腸活サプリ プウェル
便秘によく効く腸活サプリ プウェル

便秘によく効く腸活サプリ プウェル 独自の無農薬有機栽培によって作られた高純度のモリンガをはじめ、豊富な自然由来の栄養素を多数配合した腸活サプリ、プウェル。乳酸菌の個体数やその他の有用成分の成分量もほかのサプリと比べて圧倒的に多く、乳酸菌は6000億個、栄養素は90種類以上。根本からの腸内フローラ改善をめざしている方、安全な自然の栄養素で便秘を改善したい方にピッタリのサプリです。

ページのトップへ