便秘解消効果のある成分について説明しています!
  1. 便秘解消効果のある成分とは?

便秘解消効果のある成分とは?

便秘解消効果のある成分とは?

2種類の食物繊維を取り入れる

食物繊維とは人の消化酵素では消化することの出来ない、食べ物に含まれる成分です。食物繊維は、便秘改善をはじめ、血糖値の上昇を緩やかにしてくれたり、コレステロールなどの脂質の吸収を抑えてくれたりなど、体内で様々な働きをしてくれます。食物繊維は水溶性、不溶性の2種類に分けることができます。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、ネバネバしたものやさらさらしたものに多く含まれており、大きく分けて3つの特徴があります。

水溶性食物繊維の特徴
  • 発酵性:善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。
  • 粘性:糖質などの消化吸収速度をゆっくりにし、急激な血糖値の上昇を防ぎます。
  • 吸着性:コレステロールなどの脂質を吸着し、排泄を促します。

便が硬くて、いきまないと出ない方は水溶性食物繊維を摂るようにしましょう。私のおすすめはりんごヨーグルト。作り方は簡単で、お馴染みのヨーグルトに、食物繊維を含むりんごを食べやすい大きさに切り混ぜるだけです。さらに蜂蜜を少しかけると、蜂蜜に含まれるオリゴ糖が善玉菌のエサにとなるのでおすすめです!

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、繊維質のものや噛みごたえがあるものに多く含まれます。主に2つの働きがあります。

不溶性食物繊維の特徴
  • 発酵性:便のかさを増やすことで、ぜん動運動を促し便秘を解消します。消化されない食物繊維は、発がん性物質やアレルギー性の物質を吸着し排出します。
  • 保水性:高い保水性により便を柔らかくし、膨張することで便の量を増やします。その結果排便を促します。

便の量が少なく、ぜん動運動が促されない下痢気味の方は不溶性食物繊維を摂るようにしましょう。
きのこの味噌汁がおすすめです。味噌汁の具に食物繊維たっぷりきのこを入れてみましょう。食べ応えのあるきのこはよく噛むことで満腹感を得られやすく、腸内環境も整えてくれるので一石二鳥です。また、発酵食品であり食物繊維豊富な食材である納豆も万能。いつもの食卓に、副菜として納豆を取り入れてみましょう。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって?

お腹にいいものを摂ろうと思ったら乳酸菌を考える人は多いですよね。私も便秘に悩むようになってから乳酸菌についていろいろと調べました。そこで乳酸菌と同じように、腸内環境を整えてくれるものとしてビフィズス菌が取り上げられているのを何度も目にしたんです。どっちも菌とついているけれど、乳酸菌とビフィズス菌にはどんな違いがあるんでしょうか。

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも善玉菌という点は同じです。つまり、腸内で身体にいい働きをしてくれる存在ですね。広い意味ではビフィズス菌は乳酸菌のひとつとして扱われることもありますが、人間の腸の中に存在する善玉菌の99%はビフィズス菌で構成されています。乳酸菌はというと0.1%程度ですが、これがビフィズス菌を増やす手助けをしてくれています。ビフィズス菌も乳酸菌も腸には欠かせないものなんです。

乳酸菌の効果的な摂り方

それではビフィズス菌を助けてくれる乳酸菌を効果的に摂っていくにはどうしたらいいんでしょうか。乳酸菌はお腹の調子を整えるもの、というイメージが強いですが、実は身体の中ではもっといろいろな働きをしてくれているんです。具体的にいうと、内臓脂肪を減らしたり、感染症を予防したりといった働きです。

乳酸菌の種類
  • LG21乳酸菌
  • ビフィズス菌BB536株
  • 1073R-1乳酸菌
  • L-92乳酸菌
  • ガセリ菌SP株
  • 乳酸菌シロタ株
  • ラブレ乳酸菌

これらの乳酸菌には体内で有効に働く作用がありますが、効果はそれぞれ違っています。風邪や季節によって流行る病気の対策なら、流行り始める1ヶ月ほど前から摂っていくのがおすすめです。毎日続けて習慣にするのが一番ですね!

ビフィズス菌を摂るベストなタイミング

摂るタイミングとしては乳酸菌、ビフィズス菌のいずれも食後が望ましいです。というのも、乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いんです。だから食後の胃酸が落ち着いているタイミングを見計らって摂取することで、より高い効果を得られるように工夫してみましょう。

それと、乳酸菌やビフィズス菌の活動をもっと活性化させるためには菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖も大事です。意識して野菜中心のメニューにしたり、ヨーグルトにバナナなどのフルーツを入れるのもいいですね。おいしく食べられて乳酸菌の効果も上がるので一石二鳥です!是非お試しあれ。

ビフィズス菌を摂ると効果的なタイミングも乳酸菌と大きくは変わりません。先程もお話ししたように食後を狙った方が胃酸の働きがゆるやかになっているので、食後のデザート感覚で食べていくのがおすすめです。

大注目のモリンガを取り入れる

私が最後におすすめしたいのは、「奇跡の樹」とも呼ばれるモリンガという成分。

モリンガには90種類以上の有効な栄養素が含まれています。しかも、ただ種類が多いだけじゃないんです。モリンガに含まれる栄養素は私たちが普段口にする食材の何倍もの値になるものもあります。 ビタミンAはニンジンの約4倍。ビタミンCもオレンジの約7倍で、カルシウムはなんと牛乳の約16倍。また、赤ワインの約8倍のポリフェノールなど、挙げ出したらキリがないほど栄養素が豊富なんです。しかも、人間が生きていく上で必要な栄養素がこれでもかというくらい含まれていることに加えてバランスにも優れています。欠点を見つける方が難しいかもしれませんね。

私がモリンガに大注目しているのは、モリンガには腸活にも高い効果が認められているから。私のおすすめサプリにもこのモリンガが沢山含まれているので、是非使った見て下さい!

モリンガについて更に詳しく 「プウェル」の特徴や口コミはコチラから
便秘によく効く腸活サプリ プウェル
便秘によく効く腸活サプリ プウェル

便秘によく効く腸活サプリ プウェル 独自の無農薬有機栽培によって作られた高純度のモリンガをはじめ、豊富な自然由来の栄養素を多数配合した腸活サプリ、プウェル。乳酸菌の個体数やその他の有用成分の成分量もほかのサプリと比べて圧倒的に多く、乳酸菌は6000億個、栄養素は90種類以上。根本からの腸内フローラ改善をめざしている方、安全な自然の栄養素で便秘を改善したい方にピッタリのサプリです。

ページのトップへ