便秘を改善しないとどうなるのか調べまとめました!
  1. 便秘を改善しないとどうなる?

便秘を改善しないとどうなる?

便秘を改善しないとどうなるのかについてまとめました。便秘が長く続いてしまうと身体にはもちろん、心までさまざまな影響を与えてしまいます。「お腹が張る」「全身がだるい」など分かりやすい自覚症状がある一方で、目に見えない部分での症状も気がつかないうちに進行してしまうこともあります。

便秘を改善しないとどうなる?

自覚しやすい症状

便秘が続くと現れる自覚症状としては以下のような症状があります。

肌荒れ

そもそも便は身体にとって必要のない老廃物なので、これが身体にいつまでも留まると悪玉菌の増殖や有害なガスなどを発生させてしまいます。排泄がされないと腸の壁から悪い物質が吸収され、血液を通じて全身にめぐってしまいます。最終的には毛穴から汗として排出されますが、血液から栄養をもらう肌細胞にも悪影響を与えてしまいます。

ストレス・不快感

直腸、大腸などの不調は自立神経系を通して脳にストレスを与えてしまいます。ストレス信号を脳が受けると不快感として認識させようとします。不快感やイライラは「身体に不調があるよ」と知らせてくれるサインなのです。この不快感がいつまでも続くと交感神経の緊張状態が続き、やがて自立神経にも異常が表れるようになります。

疲労感・倦怠感

便秘の原因となっている体内酵素の働きが鈍ることが原因で、身体全身の代謝が低下すると疲労感や倦怠感が表れます。

また便秘が続くと自立神経にも影響がでます。自立神経の乱れは脳にとってストレスとなり、脳へのストレス状態が続くと身体への司令が鈍くなるので身体全身の活動量が低下してしまいます。

ポッコリお腹・お腹の張り

溜まった便は時間の経過とともにどんどん腐っていきます。老廃物となった便は腸内の悪玉菌のエサとなりお腹の中でガスを発生させます。ガスが発生すると当然お腹は張ります。特に腹筋力が低下する30代以降のお腹では、ポッコリお腹が顕著にあらわれます。

体臭・口臭がくさくなる

お腹に溜まったガスの出口は上か下かしかないので、下がだめなら当然上から出すしかないわけです。老廃物から発生するガスは匂いなどもキツく、ゲップはおならと同じレベルで臭ってくるはずです。ゲップが臭いだけなら隠すこともできるかもしれませんが、有害なガスは血液中を通して毛穴からも発散されてしまいます。

結果、口臭だけではなく体臭もきつくなってしまうんですね。ここまで自覚できるレベルはかなり進行していますから、1度病院に行くことをおすすめします。

便秘を改善しないとどうなる?

便秘が進行すると現れる危険な病気

自覚しやすい症状が続くと進むとやがて以下のような病気を引き起こしてしまいます。ここまでくるともはや便秘どうこうではなくなりますから注意が必要です。

腸閉塞

突発的な腹痛、発熱、過呼吸、脱水、頻脈などの症状を引き起こして進行すると死に至ることもある重篤な病気です。文字通り腸が閉まって塞がれてしまう病気です。腸に問題がある場合と、腸以外に問題があって腸が動かなくなる場合の2つのタイプがありますが、いずれにしても便秘が続くと引き起こされる可能性が高くなる病気です。この病気になるとご飯を食べることが許されなくなり、絶飲食で点滴のみで治療することになります。

大腸がん

慢性的な便秘は、日本人に増えている大腸がんの原因の1つともいわれています。特に女性のがん死亡率第1位になっている病気です。血便、便通異常、腹痛などの症状を伴い、便秘による腸内細菌の化学反応によって発がん性物質がつくられると言われています。早期発見で完治が可能ながんですが、日頃から予防することが大切です。

便秘によく効く腸活サプリ プウェル
便秘を改善しないとどうなる?
便秘によく効く腸活サプリ プウェル

便秘によく効く腸活サプリ プウェル 独自の無農薬有機栽培によって作られた高純度のモリンガをはじめ、豊富な自然由来の栄養素を多数配合した腸活サプリ、プウェル。乳酸菌の個体数やその他の有用成分の成分量もほかのサプリと比べて圧倒的に多く、乳酸菌は6000億個、栄養素は90種類以上。根本からの腸内フローラ改善をめざしている方、安全な自然の栄養素で便秘を改善したい方にピッタリのサプリです。

ページのトップへ