増えている幼児や子供の便秘についてご紹介しています!
  1. 増えている幼児や子供の便秘

幼児や子供の便秘が増えているって本当ですか?

幼児や子供の便秘が増えているって本当ですか?

幼児や子供の便秘の原因

便秘くらい問題ないと思うママもいれば、便秘だ!大変!と、とても心配して急いで小児科を受診するママもいるほど、乳幼児の便秘への対応は人によって違いますよね。初めて第一子を授かったママはどの情報を参考にしていいのか迷ってしまうことも多いと思います。

1回目の便秘が起こりやすい時期とその原因

固形食をスタートした乳児は、離乳食よりも水分が不足しやすくなるため便秘になりやすくなります。固形食と共に水分補給もしっかりさせてあげましょう。

2回目の便秘が起こりやすい時期とその原因

トイレトレーニングを開始すると幼児は便秘になりがちです。その原因として、幼児のトイレトレーニングに対する抵抗感があります。例えば、楽しく遊んでいる際に便意を感じてもトイレへ行きたくないと思ってしまうことはよくあることですね。

3回目の便秘が起こりやすい時期とその原因

幼稚園の入園前や、小学校の入学前に便秘になる幼児や子供は多いですよね。ママ達は幼稚園や小学校で困らないようにとトイレトレーニングに熱心になりがちです。そして、そのママから発せられる言葉や態度のプレッシャーは幼児や子供に嫌なものとして受け止められストレスから便秘になりがちです。また、反発心からトイレに行かなくなって、それをきっかけとして便秘になってしまうこともあります。

幼児や子供の便秘の解消法

1回目の便秘が起こりやすい時期の対処法

乳児は、便が硬くなってしまっていると自力では出せません。小児科を受診して家でできる排便の促し方を習っておくといいですね。

2回目の便秘が起こりやすい時期の対処法

幼児や子供がトイレを我慢して遊ぶという行為を癖や習慣にしてしまうと、慢性的な便秘につながってしまいます。遊びよりもトイレを優先できた場合は、しっかり褒めてあげてください。ママが大喜びしてくれると、幼児や子供は出そうなときに我慢しないでトイレへ行けるようになっていきますよ。

3回目の便秘が起こりやすい時期の対処法

入園前や入学前は親も忙しくイライラしやすくなりますが、トイレトレーニングを無理矢理行わないようにすることが一番の対処法です。トイレに関する成長の度合いは個人差が大きいので、その子によって出来ることは違います。 「トイレ」と「幼稚園」や「小学校」がセットで嫌なものとして記憶されてしまうと楽しく通園や通学が出来なくなってしまいます。本当に困っている場合は小児科でトイレトレーニングの相談をしてみてもいいですね。

日常生活の過ごし方で起こる便秘は機能性便秘と呼ばれるもので、家族で改善できます。ただ、中には先天的な問題が原因となる便秘で苦しんでいる乳幼児もいます。この便秘は器質性便秘と呼ばれるもので、上記の原因とは異なる便秘ですので、小児科を受診する必要があります。

子供のメンタル面も十分に考慮して

子供のメンタル面も十分に考慮して

トイレトレーニングは楽しいものであるようにしましょう。嫌な気持ちになることをわざわざする子供はいません。

家庭内でのトイレトレーニングの時間も「~しなければならない」という気持ちで過ごさないことが大切です。「~出来た方がいい!~出来たら嬉しい」とママが思って子供に接するとリラックスした雰囲気になりますよね。

また、幼稚園や小学校で子供がトイレに関する嫌な体験をして家に帰ってくることもあるかと思います。大人にとっては些細な問題でも、子供や子供達の社会の中ではトイレって大きな問題です。何かトイレで起きたトラブルを家で子供が話し始めたら、手をとめてしっかり聞いて受け止めてあげてください。

トイレに対する嫌な記憶は後々の便秘につながってしまいます。

便秘によく効く腸活サプリ プウェル
便秘によく効く腸活サプリ プウェル

便秘によく効く腸活サプリ プウェル 独自の無農薬有機栽培によって作られた高純度のモリンガをはじめ、豊富な自然由来の栄養素を多数配合した腸活サプリ、プウェル。乳酸菌の個体数やその他の有用成分の成分量もほかのサプリと比べて圧倒的に多く、乳酸菌は6000億個、栄養素は90種類以上。根本からの腸内フローラ改善をめざしている方、安全な自然の栄養素で便秘を改善したい方にピッタリのサプリです。

ページのトップへ