出産前後の便秘の原因とその対処法をご紹介しています!
  1. 出産前後の便秘の原因とその対処法とは?

よくあります!出産前後の便秘の原因とその対処法とは?

よくあります!出産前後の便秘の原因とその対処法とは?

妊娠中の便秘の原因とその対処法

今まで便秘に悩まされたことがなかった人でも、妊娠をきっかけに便秘に悩まされるようになったという話を聞いたことはありませんか?妊娠中は便秘になりやすいですが、お腹で育っているベビちゃんのことを考えると薬などを安易には飲みたくないですよね。

妊娠中の便秘の原因:ホルモンバランスの変化

妊娠初期の便秘の主な原因はホルモンバランスの変化によるものです。妊娠すると、女性の身体はベビちゃんを育てるための体内環境を整えていきます。その際にホルモンバランスも大きく変わり、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になります。このホルモンは体内に水分を蓄えようとするため、大腸からいつもよりも多くの水分を吸収します。その結果、いつもよりも便の水分量が減って硬くなってしまいお通じがスムーズにいかなくなりがちです。

妊娠中の便秘の原因:子宮が大きくなることで生じる腸の圧迫

妊娠後期の便秘は主に、ベビちゃんの成長に伴い、大きくなる子宮が腸を圧迫することによって起こります。直腸が圧迫されると、腸内の老廃物が排出されるまでに時間がかかってしまいます。時間がかかるということは、それだけ長い時間水分が吸収されて排泄されるべき老廃物はどんどん固くなってしまいます。そうすると排便が難しくなって慢性的な便秘につながります。 腸が圧迫されるだけでなく、妊娠中に増加した体重が肛門にも負担をかけるので、便秘だけでなく痔にもなりやすくなるという悪循環を起こしがちです。

対処法:水分補給と適度な運動

妊娠中の便秘を解消するには、水分補給をすることと適度な運動が大切です。特に、つわりの時期は水分をとることで気持ち悪くなる人が多く、無意識に水分を避けがちですが、積極的に取るようにしてください。 また、妊娠後期になってくると腸が圧迫されて動きが悪くなることを意識して、身体をひねるマタニティヨガやストレッチを取り入れてみてください。ウォーキングも腸を刺激してくれる手軽な運動です。運動を積極的に取り入れる前にかかりつけの産科で医師の許可をもらっておくと安心して運動できますよ!

産後の便秘の原因と解消方法

産後の便秘の原因と解消方法

出産した後も、妊娠中とは違う原因で便秘に悩まされるママはたくさんいます。原因を知って自分でできる対処法はどんどん取り入れていきたいですね!

産後の便秘の原因:母乳が出るようになった身体の変化

母乳が出るということは、そのぶんだけママの身体の水分が外に出ていっているということです。母乳は人により量が違いますが一般的には1日600~800mlほど作られていますので、日常生活に必要な水分に加え、母乳で出て行く水分を補給できていないと便秘になりやすくなります。

産後の便秘の原因:妊娠中にできてしまった痔の影響

妊娠中に大きくなった子宮は血管を圧迫するので、鬱血したり血行が悪くなったりして痔になりやすくなります。出産の時に肛門にかかる負担も痔を招きやすく、産後にその痔の痛みでうまく排便ができないという人も多いようです。

対処法:水分補給と運動

妊娠中に引き続き、水分をしっかりとるようにしましょう。母乳で出て行く水分を補うには、いつもよりも1リットルでも多く摂取するほうがよいと言われています。 また、出産後も妊娠中と同じように運動不足になりがちです。腸の血行不良は便を硬くしてしまいますし、痔にもよくありません。家の中でできるストレッチやヨガ、ピラティスなどをできるだけ毎日続けてみてください。

産後ヨガやストレッチなどのクラスを開講している産婦人科もありますので、興味がある人は問い合わせてみてもいいでしょう。同じ時期に出産を体験したママ達と情報交換も出来るので人気があります。

プウェルがおすすめなワケ
便秘によく効く腸活サプリ プウェル

便秘によく効く腸活サプリ プウェル 独自の無農薬有機栽培によって作られた高純度のモリンガをはじめ、豊富な自然由来の栄養素を多数配合した腸活サプリ、プウェル。乳酸菌の個体数やその他の有用成分の成分量もほかのサプリと比べて圧倒的に多く、乳酸菌は6000億個、栄養素は90種類以上。根本からの腸内フローラ改善をめざしている方、安全な自然の栄養素で便秘を改善したい方にピッタリのサプリです。

ページのトップへ